製菓の高校に通う【早い段階から知識と技術を学べる】

社会に役立つ資格を取得

男性

需要が高まる資格

社会福祉士は介護福祉士と混同されることがありますが、高齢者の介護に直接かかわることが多い介護福祉士に対し、より広く障がい者の福祉や児童支援などにも携わることができ、相談業務やコンサルティングなどをメインにする資格になります。社会福祉士の資格を取得すると障がい者施設や精神科病院、高齢者施設や児童福祉施設での相談員や地域の包括支援センターや社会福祉協議会、市役所や医療機関などにおいて、社会福祉士やソーシャルワーカーという名称で働くことができます。新潟でも地域の高齢化や母子家庭の増加、幼児虐待をはじめ、障害者の自立支援やそのご家族のサポートのニーズが高まっており、需要がある資格といえます。新潟で社会福祉士になるには一定のカリキュラムを修得し、必要に応じて実務経験を経たうえで、国家資格を受けて合格する必要があります。大学や短大の学科や学んだ内容、年数などによって受験に必要な条件が異なってきます。福祉系の4年制大学を出て指定科目の履修が済んでいれば、直ぐに受験ができるので、新潟にある福祉系の大学の卒業までに資格を取得し、就職に役立てる学生さんも少なくありません。一方、福祉系でも3年以下の短大や専門学校の場合、1年ないし2年以上の相談実務の経験が求められるので、いったん新潟で就職して働きながら受験資格を得ることになります。福祉系の学校でも基礎科目しか履修していない場合は6ヵ月以上の短期養成施設での研修が必要で、その他の学校出身者は相談実務の経験と1年以上の一般養成施設での勉強などが求められます。

Copyright© 2018 製菓の高校に通う【早い段階から知識と技術を学べる】 All Rights Reserved.