製菓の高校に通う【早い段階から知識と技術を学べる】

勉強内容は多岐に渡ります

女性

福祉の仕事で活躍したい

介護系の職種でおすすめな職種が社会福祉士であり、新潟でも社会福祉士の専門学校はあります。社会福祉士は別名でソーシャルワーカーともいいます。仕事内容は福祉業務全般です。社会福祉士は身体的、心理的、経済困難がある方の相談を受けて、福祉の知識を以ってそれらを解決に導きます。また、医療現場への橋渡し役をします。その対象は様々な範囲に及んでいて臨機応変な対応力が求められます。社会福祉士は現場によって呼び方が変わったりします。医療現場なら医療ソーシャルワーカー、児童相談所なら児童福祉司、教育現場ではスクールソーシャルワーカー、老人福祉施設や介護施設であれば生活相談員という名称で働きます。それは新潟の現場を問わず、全国でそのようになっています。社会福祉士になるためには資格取得が必要です。資格自体は専門的に学ばなければならない科目が多く、難易度が高いと言われています。国家資格であり、合格率もけっして高いものではありませんが、社会福祉士として新潟で活躍するためにも一生懸命勉強に励むことが必要です。社会福祉士になるために福祉系の大学や専門学校には指定科目が置かれてお、仕事内容として一番メインの仕事になるのは相談援助ですが、親身になって相談に乗れるように現代社会と福祉の関係性や福祉制度そのものについて勉強します。入る現場によって使う知識も変わってきますが、内容は多岐に渡ります。高齢者のサポートをするためには介護保険制度の知識が必要で、児童や家庭の相談援助をするには家庭福祉制度の知識が必要です。学ぶうえで学校のある場所がどこかは大切です。新潟で社会福祉士になるために大学や専門学校を選びたいという場合は、新潟で学校を選んだ方が就職しやすいですが、都内などの大学や学校で学んで新潟に戻って就職する人もいます。よく考えて学校の場所を選びましょう。

Copyright© 2018 製菓の高校に通う【早い段階から知識と技術を学べる】 All Rights Reserved.