製菓の高校に通う【早い段階から知識と技術を学べる】

男女

福祉の仕事をするには

新潟で社会福祉士になるには、資格試験に合格することが必要です。独学でも合格を目指すことができますが、スクールに通って勉強したほうが効率的です。分からないところをすぐに先生に質問できる環境も整っています。

詳しく見る

調理器具

お菓子作りのプロを目指す

高校は全国に多く存在しますが、製菓課程のある学校も人気となっています。在学中に製菓や製パンの技術を学ぶことができ、食品衛生などの知識も身に付きます。講師の質の高さや設備の充実、進路のサポート体制の良さも大事ですので、それぞれの学校の特徴はよく比較しておきましょう。

詳しく見る

男性

社会に役立つ資格を取得

社会福祉士は高齢者福祉や障がい者福祉、児童福祉等に幅広く精通するコンサルタントです。新潟でも需要が高まっている資格ですが、国家試験の受験資格を得るためには一定のカリキュラムの受講や実務経験などが求められます。

詳しく見る

あこがれのパティシエに

パティシエ

魅力と意義とは

飲食店で勤めることを夢見ている人は、学校に通って調理師の免許を取ったり、社会人でも通えるようなバリスタのスクールに通ってコーヒーなどについての知識を習得していきます。そんな中で、製菓に興味を持つ人もいるでしょう。製菓とは、お菓子作りのことで、製菓を専門とする職業のことをパティシエといいます。女の子ならば一度はあこがれたことのある職業といえるでしょう。パティシエになるには、専門学校などで知識と技術を学び、そのうえで和菓子店や洋菓子店、ホテル、カフェなどへの就職を経て一人前になるというコースが一般的です。現在では製菓コースがある専門学校が数多く存在しています。また、専門学校では製菓コース以外にも、和食や洋食といったように様々な料理が学べるコースも沢山あります。そのため、パティシエを目指している人だけでなく、調理師や料理人といった職業を目指している人も通うことが可能なのです。専門学校は高校卒業後就職することが多いですが、中には製菓コースのある高校へ進学するという生徒もいます。高校という早い段階から製菓を学ぶことの魅力と意義とは、早い段階から知識と技術を学べるということです。学歴社会となる以前は、いわゆる職人仕事はなるべく早い段階から見習いをはじめ、遅くても中卒くらいから技術習得を始めるのが普通でした。それは学費の問題や社会背景などもあるのですが、早くから学ぶと頭が柔軟なため習得が早く、長きにわたって一線で活躍できるというメリットもあったのです。現代では中学までは義務教育となり、高校卒業資格くらいはないと他の職業につくのは難しい時代ですが、たいていの製菓コースがある高校では高卒資格も取れるようなカリキュラムになっています。こうすることにより、リスクを低減しつつ、早いうちから技術を習得し、現場に入ることが可能となるのです。製菓コースのある高校を卒業した生徒は、さらに専門学校に進学する生徒もいますが、大半は製菓関係の会社やお店に就職しています。専門学校卒の人と比べると二年から三年ほど早く現場に入ることができるため、その分一人前になるのも早いという魅力があるのです。

Copyright© 2018 製菓の高校に通う【早い段階から知識と技術を学べる】 All Rights Reserved.